ひだまり通信

有限会社マトバ総合保険サービスのブログ

情報過多時代における情報収集力とは?

2018 年 12 月 3 日 | お役立ちコラム | コメントは受け付けていません。

ネット社会の広がりにより、さまざまな情報を簡単に手に入れられるようになりました。しかし情報収集に時間がかかりすぎたり、多すぎる情報に振り回されたり、いうことも出てきているようです。
そこで、どう情報を収集すればいいのか?信憑性の高い情報とは?情報を生かすためにしておきたいこと、をご紹介します。

 

◆最新のニュースが届くGoogleアラートを活用

 

欲しい情報をインターネットで検索すると、意外に時間がかかりますし、探し始めるとキリがありません。
そこで、Googleアラートを上手に活用しましょう。欲しい情報に関するキーワードを登録しておけば、それに関連する情報がアップされた際、メールで通知が来ます。
実際にGoogleアラートのページでキーワードを入力すると、どんな記事のお知らせが来るのかプレビューで表示されるので、それを参考にしてキーワードを決定するとよいでしょう。また、オプションで、頻度やソース、地域などを選べるようになっていますので、設定を変えることで、必要な情報を欲しいタイミングで受け取りやすくなります。

 

◆信憑性の高い記事を見極めるには?

 

実際に目で見て耳で聞いて作られたのが一次情報、その一次情報をもとに加工して発信されている情報が二次情報です。信憑性が高いのは一次情報ですが、ネットには二次情報があふれているため、一次情報を見つけるのが難しい場合もあるでしょう。
そこで情報の信憑性は、きちんとした出典元があるか、監修者や執筆者は誰か、ベースとなるデータがあるかどうか、などを見て判断しましょう。
また、検索した際に上位に表示されたからといって、その記事の信憑性が高いとは限らないので注意が必要です。そして、信憑性が高いもののひとつに政府や各省庁が刊行している、厚生労働省白書や消費者白書などがあります。
こうしたものを参考にするのもひとつの手でしょう。

 

◆収集した情報を生かすためには?

 

ビジネスにおいて、本当に大事なのは情報収集ではなく、その情報をどう活用するかにあります。情報を集めて満足してしまうことがないよう、「情報を収集する前に目的を明確にしておくこと」や「収集したら情報を分析してどう生かすかまで落とし込む」ことを意識するようにしましょう。

 

いかがでしたか?ビジネスで必要な情報収集力とは、情報を収集するだけではなく、それをどう生かせるかまで含めてだと言えるでしょう。情報があふれている今だからこそ、正しい情報選択が大事であり、さらにその情報をどう活用するかがビジネスを発展させる大きなカギになります。情報収集の際、ぜひ意識してみてはいかがでしょうか。